美容液を正しく使う

美容液を正しく使う

美容液は、目的によって種類も数多くあります。その中でも主流は『保湿美容液』。保湿美容液で乾燥しやすい目元や口元を集中的に保湿することで、結果的にシワやたるみの対策にもなります。

 

美容液には他にも、美白美容液、ニキビ用美容液、シワ用美容液、シミ用美容液、化粧下地兼用美容液、など様々な種類があるんですね。
それぞれの目的に合った有効成分が高濃度に配合されていると思います。

 

美容液の効果的な使い方

基礎化粧品は医薬品ではないので、あまり神経質に考える必要はありませんが、美容液を複数重ねて付けるのは基本的にNGです。美容液は一種類にして、量にも気をつけるようにしましょう。
もし、複数を使用するのであれば、朝と夜で使い分けするのもオススメです。
例えば、朝は化粧下地兼用美容液、夜は美白美容液などとするイメージですね。化粧下地兼用美容液は、肌の表面を整えてメイクのりが良くなります。また、紫外線対策にも効果があるものが多いので、朝のスキンケアにオススメです。夜は、肌の再生が活発になります。このタイミングを最大限に活用して、昼間ではちょっと抵抗のあるこってりとしたテクスチャーのものも良いですね。

 

セラミド配合美容液の正しい選び方

肌の水分保持のカギを握るのが『セラミド』という成分です。セラミドを配合した美容液はたくさんあるので選ぶポイントを簡単にお伝えします。
ポイントは『種類』、『配合量』、そして『テクスチャー』です。

 

種類

化粧品に配合されているセラミドには大きくわけて、

  • 天然セラミド
  • ヒト型セラミド
  • 植物性セラミド
  • 合成セラミド

などの種類があります。
この中で美容液は、保湿力が高く刺激の少ない『ヒト型セラミド』が配合されているものがオススメですね。特に最近ではナノ化されて細かい粒子になったセラミドが開発されているので、より浸透力を重視したい方にオススメです。

 

配合量

続いてセラミドの配合量についてです。
セラミドは比較的高価な原料ということもあって、値段の安い美容液にはセラミドが微量しか含まれていない事が少なからずあるようですので、購入前にチェックするようにしましょう。

 

テクスチャー

最後にテクスチャーについてです。
美容液は毎日使うものなので自分好みのテクスチャーを選んで良いと思いますが、肌荒れや敏感肌でしみたりする場合は、水っぽいものよりも柔らかいクリームタイプが良いかと思います

 

セラミド配合美容液の正しい使い方

基本的にセラミド配合美容液は比較的効果である事が多いので、量を使うのがもったいなくて少なめに使いたくなるのは誰でも同じ。
でも化粧品というのは、説明書に欠かれている規定量をしっかりと守って付けることで初めて効果が期待出来るもの。セラミド配合美容液の保湿効果を最大限に高めるように、規定量を使用するようにしましょう。
また、セラミド配合美容液は、セラミド単体で配合されているものよりも、肌のハリや弾力の強化、シワ対策に効果が期待できる『ヒアルロン酸』や、肌の酸化を防いでくれる『ビタミンC』が一緒に配合されているものを選ぶと良いと思います。

 

 

 

参考抜粋:BEAUTY DICTIONARY 医師が教える正しいスキンケア大全 [ スキンケア大学 ]